『蒸し暑い』は英語でなんて言う?【学ぼう英語日常表現】

スポンサード リンク

2762070212_2f3935d3d8_z*1

みなさんこんにちわ、ろったら(@lottalovebiz)です。

さて最近関東にも蒸し暑さが忍び寄ってまいりましたね。

本日は『蒸し暑い』を英語でどのように言うのか、

その基本的な表現とスラング的な表現を書いていこうと思います。

スポンサード リンク

基本的にはこう言おう!

hot and humid
 =蒸し暑い

・hot = 暑い

・humid = 湿度が高い

非常にシンプルな表現ですね。

ちなみに、humidは

humidity
 =湿度

として海外の天気予報にも出てきます。

20130621humid

『蒸し暑い』のスラング的表現

続いてはhot and humidのスラング的表現を2つ紹介いたします。

1.muggy

とても蒸し暑い時に用います。

muggy =hot and humidなのですが、
辞書によってはhumidの前に強烈な修飾語がついていたりします。

hot and extremely humidや、
hot and oppressive humidというような感じです。

extremely=きわめて、すこぶる
oppressive=過酷な、塞ぎこむような、うだるような

どんだけhumidなんだよって感じですが、
ムシムシしてる感じは伝わってきますね。

2.sticky

stickyというとペタペタくっつく「付箋」を思い出す方もいるかもしれません。

sticky=ねばねばする,べとつく

stickyの基本的な意味は上記のような意味ですが、そこから転じて、
sticky=「蒸し暑い」 hot and humidの意味に転じました。

元の意味を考えると日本のあの「ムシムシする暑さ」を表現するのにぴったりな単語かもしれません。

気持ちの良い「暑い」はなんて言う?

hot and humidの例ばかりご紹介して来ましたが、
ムシムシしていない気持ちのいい暑さの表現を1つご紹介します。

それは、toastyです。

そう、トースト(toast)から転じていて、
心地良い暑さの時に使われるようです。

toasty = pleasantly hot , cozily hot

pleasantly=快活、愉快
cozily=良い居心地

といった具合にhotをポジティブに修飾しています。

暑さを始め天候に関する表現は非常にたくさんあるのですが、
本日はその中でも「蒸し暑い」に関する表現でした。

ではまた。

photo by George Arriola

スポンサード リンク

Post Navigation